税金対策についての投稿紹介

不動産投資ブログ

弊社ブログなどでエンドユーザー様から寄せられた感想やご考察など掲載しております。 掲載中!!

街並み

☆税金対策についての顧客様からの投稿です。(不動産投資全般、もしくは不動産投資物件などについて投稿を歓迎しております。ぜひお寄せください)

◎不動産投資は、サラリーマン向けの投資運用の1つであり、税金対策としても有効です。

更地に1棟を建てるスタイルならば、金融機関の借入から始まるので、税理士と相談して様々な節税を行えます。

日本では不動産に対する税制が優遇されているので、特に相続税対策で不動産投資をする方が大勢います。

うまく収益物件にできれば、税金対策と不労所得の両方を享受できるのでお勧めです。

建物を丸ごと所有するのはきつい方には、分譲マンションの区分所有や、中古の戸建てをリフォームしての賃貸が向いています。

交通の利便性が良い、あるいは、ベッドタウンとして急成長している地域であれば、それだけ収益物件になる可能性が高いです。

サラリーマンとして職場で勤めながらも、その間に自分の賃貸物件がお金を稼いでくれます。

金融機関から大きな借入をしなくても購入できるため、早期に損益分岐点を超えてくれる点が主なメリットです。

不動産投資で物件を所有した場合、権利関係の手続きや、司法書士などの専門家への依頼料といった色々な費用が発生します。

購入するタイミングによっては住宅用の控除が適用されるので、制度を利用した税金対策もできます。

あえて高額の借入をして、収益物件の家賃収入からローンを返済しつつ、効果的な節税をしていくことも、不動産投資なら自由自在です。

審査が厳しい金融機関であっても、年間利回りが高い収益物件を購入する目的であれば、比較的スムーズに審査を通る事例が多く見られます。

なぜなら、ローン返済の金額よりも予定収益が大きければ、金融機関にとって安心して貸付できる案件だからです。

いざとなれば、担保としてその不動産を差し押さえられることも、簡単に審査が通る理由となっています。

複雑な取引内容になるので、信頼できる顧問税理士をつけて不動産投資を行うのが、成功させる秘訣です。

物件を管理する手間はかかりますが、管理会社に委託することで、定期的な報告を受けるだけの立場になれます。