中古物件の特徴についての投稿ご紹介

弊社ブログなどでエンドユーザー様から寄せられた感想やご考察など掲載しております。 投稿をお寄せください。

掲載中です!!

家賃収入で不労所得をなどと言われる不動産投資ですが、リスクを取ってリターンを求める投資であるだけに、メリットとデメリットがあります。

●メリット 最初にも挙げたとおり、不労所得と言われるように、うまくいけば毎月一定額の家賃収入が見込まれます。そのためには、優良物件を手に入れる必要があるのですが、不動産投資について投資助言を行う会社などもあるので、そいったところをうまく利用して、初心者でもまずまずの収益を見込むことができます。 賃貸は、簡単に言えばアパート経営ですので、より多くの方が高い金額で借りてくれればいいのです。地域ごとの家賃設定なども自分で勉強できればいいのですが、それが難しい場合は投資助言会社や不動産会社の手を借りるのも方法です。

そして、入居者対策は不動産会社にお願いすることができますし、物件を購入してしまえばなにもしなくていい状況も夢ではありません。 売買は、最初から売買用の物件を狙ってもいいですし、賃貸用に購入したものを売却しても良いです。競売物件などは一般的な不動産価格よりも大幅に安価で購入することができますので、売買目的の場合は特にお勧めです。こういった助言も、投資助言会社から受けることができます。

ビルイラスト

●デメリット なんといっても空室対策です。空室がなければ夢の家賃収入ですが、空室がある場合はその分の収入が減ることになります。空室をどの程度見込んで物件を購入するかがポイントですが、投資助言会社などの助言を受けても外れることはあります。リスクを取ってリターンを狙うものですから、やむを得ないことです。

管理も、自分で小修繕を行うことができれば物件の管理費を安く納めることができますが、すべてを業者任せにするとかなりの出費になります。売買物件についても同様ですが、購入後の修繕をすべて業者任せにすると利益が少なくなるかマイナスにもなりかねないため、修繕予算の正確な見積もりが必要です。 以上のように、メリットとデメリットがあります。そういった点をしっかり認識して、投資を考えましょう。