今回は”不動産投資分析で確実にキャッシュフローを得るには”についてのお客様からの投稿コメントのご紹介です。

空ビルは、自社の事業拠点としての機能だけではない

今回は”不動産投資分析で確実にキャッシュフローを得るには”についてのお客様からの投稿コメントのご紹介です。

空ビルは、自社の事業拠点としての機能だけではない

常に地方から多くの人が集まってくる東京は、新しくビジネスを始めるのにうってつけの環境です。ビルイラスト

空ビルは、自社の事業拠点としての機能だけではなく、1階を通行人が気軽に入れる路面店として、さらに他のフロアーは貸事務所などの用途で貸し出し、

定期的に利益を得られます。 空きビル探しは、信頼できる不動産業者を見つけることが大切で、自分が希望する条件の空ビルを豊富に紹介してくれるところを根気強く探すべきです。

東京のカラビル物件は、立地によって大きく環境が異なり、例えば同じ駅だったとしても、出口が違うだけで雰囲気がガラリと変わってしまう傾向にあります。 都心部は、地方と違って区域によって住み分けがなされていることを理解しておき、自分のビジネスを成功させられる空ビルを選ばなければいけません。

売りの空きビル探しは、不動産業者の担当者に希望条件を伝えて、いくつか物件を見繕ってもらうか、もしくは、自分自身でインターネット検索をして、物件情報から絞り込んでいくのかの2つが主流です。 前者の方法は手間がかからず、本業が忙しい方でも、担当者同行の物件の内覧からスタートできます。

いっぽう、後者では、見つけた物件を扱っている不動産業者に新たに連絡を取る必要があるので、多少手間が増えてしまいます。

空ビルは高い買い物である上に、ビルが建っている土地の権利関係も絡んでくるため、信頼できない不動産業者とは取引をするべきではありません。

後から権利関係のトラブルに巻き込まれないためにも、知名度が高くて信頼できる不動産業者を通して買いましょう。

大きな金額を扱うビジネスに慣れている事業者ではなく、売り空ビルを購入し改装してマンションに作りかえるなどの目的で購入する個人であれば、

なおさら丁寧に説明してくれて、いざという時にもアフターフォローがある大手を選ぶことをお勧めします。 事業目的の空きビル探しは、原則的に自己責任の取引ではありますが、1人で慣れない東京のカラビル物件に振り回されるよりは、プロのアドバイスを受けながら二人三脚で希望通りの物件を探した方がスマートです。

もちろん、購入する側に決定権があるので、広い視野でじっくり探して、契約前には必ず現地を訪れての確認も済ませておきましょう。

物件情報ではお買い得であっても、いざ現地に行ってみたら周辺の治安が悪すぎたという事例は数え切れないほどあります。 基本的に戸建てよりも高額で、なおかつ、色々な相手に賃貸をするビル経営では、事業者としての慎重さが求められるのです。