不動産投資の特徴

ビル・ハウスイラスト

(不動産投資全般、投資物件などについてご投稿を歓迎しております。是非お寄せください) ■不動産投資の特徴として手堅い理由について寄せられたユーザー様の投稿をご紹介いたします。

不動産投資は、ミドルリスク、ミドルリターンの資産運用先の一つであり、金融機関に貯金をしても利子がつかなかったり、低金利の時には人気の投資先でもあります。

これから、不動産投資を考えるのであれば、投資のガイドなどを参考にして、まずはどのような特徴があるのか、どのようなメリットがあるのかということを知っておく必要があります。

そこで、不動産投資のメリットを簡単に挙げるとすると、まず、安定して不労所得を得ることができるというメリットがあります。

不動産投資の場合は、賃料という名目で毎月同じ額を安定して得ることができます。空室リスクはありますが、一度入居者などを確保することができれば、長期間にわたり、一定の賃料を得ることができるようになります。

次に、高利回りが期待できるというメリットを挙げることができます。投資商品の中には、株やFXといった投資商品があり、これらの投資商品でも高利回りを期待することができますが、その反面リスクが高いというデメリットがあります。

しかし、不動産投資であれば、リスクがそれほど多くなく、高利回りを期待することができます。例えば、首都圏のワンルームマンションであれば、5パーセント前後の利回りを期待することができます。次に、相続、贈与税の対策に有効であるというメリットを挙げることができます。 相続税や贈与税の税金は、場合によっては大きな負担になることがあります。しかし、不動産を相続したり贈与したりする場合は、課税対象となる金額が下がり、納める税金の額を少なくすることができます。建物であれば、およそ50パーセントから60パーセントで評価され、土地であれば、80パーセントくらいで評価されて課税されますから、預貯金で相続や贈与をするよりも税金は安くなります。

次に、生命保険の代わりにすることができるというメリットがあります。不動産投資の資金の融資を受ける場合は、生命保険に入る昼用があります。万が一、ローンの返済期間中に死亡したような場合は、ローンの債務を保険金から支払うことができますから、残された家族は、借金のない不動産だけが残ることになり、家賃収入を得ることができます。