資産管理AMガイド

不動産投資の弱点の一つに、時間的余裕がないと管理が難しいという面があります。

デスクとパソコン写真

どのようなことか、マンション経営を例にして説明しましょう。マンション経営では、購入して実際に貸し出すまでに、必要な修繕を行い、入居者の募集や管理を行う不動産業者を選定します。

しかし、それで終わりではありません。その時点でスタートであり、入居者が順調に集まるのを待つことになります。すでに入居者がいるマンションではその手間はかかりませんが、入居者からは多くの連絡が入るものです。

賃貸住宅に住んだことがある方はお分かりだと思いますが、最初の連絡先は不動産会社ですが、不動産会社で判断できないもの、例えばお金がかかる修繕などは大家さんに確認しますと言われます。その大家さんというのが、マンション経営ではあなたになるのです。

つまり、入居者との賃貸契約書に記載されている、入居者負担の修繕以外のものが発生した場合は、すべてあなたの判断が必要になります。また、これ以外の不動産会社からの連絡も想像しているよりもずっと多いのです。

これでは、あなたが専業で不動産投資をしていないと時間が足りなくなってしまいそこで、資産管理(AM)をご紹介したいと思います。

AMはアセットマネジメントの略です。これは、投資用の資産管理をあなたに代わって行ってくれる企業のことです。AMを利用すると、あなたの指示に基づいて、契約に沿った不動産の管理を行います。

もちろん、不動産会社からの連絡もAMが受け、AMが回答してくれます。これであなたは日々の煩わしい管理業務から解放されるのです。

これはAMの大きなメリットです。しかし、あなたの意向に沿った管理をしてくれるAMでなければ余計な業務が増えてしまいます。

AMを行う会社はたくさんありますので、不動産投資を始められる前に入念に下調べを行い、事前に契約を済ませておくのも良いでしょう。良いパートナーは投資成功の秘訣です。

AM (アセットマネジメント):不動産に関しては投資家(個人・法人の不動産賃貸業経営者)に代わって不動産収益物件等の資産管理・運用、及びPM選定など代行する業務をいいます。PM業務を包含する場合も多くみられます。


PM(プロパティマネジメント):対象物件の資産価値を高度に維持しながら個別の賃貸管理・運営を代行する業務をいい、AMから業務委託されて運営される場合も多くあります。